ドライカレーは意外と作るのが難しい料理です

ドライカレーは意外と難しい料理です。カレー粉を早い段階で入れておき、隠し味にウスターソースを入れると美味しい。

NAVI

ドライカレーは意外と作るのが難しい料理です

ドライカレーは意外と作るのが難しい料理です ドライカレーは意外と作るのが難しい料理です。私も見よう見まねで作った事があったのですが、仕上がりはべちょっとした感じになってしまい、自分でも落ち込んだのを覚えています。リベンジのためにそれなりの知識を勉強して、もう一度チャレンジしました。まずご飯を炊く時に固形のコンソメと少しのカレー粉を入れて炊きました。水は少し控えめにして固めに炊き上がるようにし、炊き上がったら炊飯器の蓋を開け水分を蒸発させました。

具は牛ミンチ肉をしっかり炒めて、刻んだ人参と玉ねぎと一緒に炒め水分をしっかり飛ばします。ピーマンは別に炒めておき最後に入れるようにすると彩りも鮮やかなままで仕上がります。子供に食べさせる時はコーンを入れると食べやすくなります。野菜の水分が飛んだらカレー粉を入れご飯を投入します。長い時間炒めているとべたついてくるので、強火で一気に仕上げます。塩とコショウで味を整え隠し味にウスターソースを少し入れます。ウスターソースはフライパンの端で香ばしさを出してから全体的に混ぜると香りも良くなります。

出来上がった後にカレー粉が薄いからといって、後からカレー粉だけを足すと粉っぽくなってしまうので注意して下さい。カレー粉はできるだけ早い段階で量を決めて入れるようにして下さい。カレー粉によってはドライカレーのレシピが書かれているものもあり、分量が記載されているので参考にしてみて下さい。